浪貝畳店

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で注文住宅づくりを検討している人は、間取りに畳を設定するケースがあります。また現在の住宅のフローリングを畳張替えするという人もおり、いまだに根強い畳ファンがいることがわかります。畳張替えには相応の費用がかかりますが、それに負けないくらいのメリットがあるわけです。例えば畳のある部屋でくつろいでいるときは、まるで森林浴をしているような気分になれるという人は少なくありません。特に畳張替えをした直後の新しい畳は、非常に気持ちよく過ごせるでしょう。畳はニオイを抑えるメリットもあり、例えば体臭が床に付着するのを抑えてくれます。抗菌作用を期待できるので、いつもすがすがしい環境で生活できるわけです。ただししっかりと手入れをしなければ、逆にダニを増やす原因になりかねません。東京で畳張替えをする場合は、メンテナンスとセットで考えてください。畳は湿気を吸収して抱える働きがありますが、一方で換気をしっかりと行わないと畳自体が湿気でもろくなってしまいます。カビやダニが繁殖してしまうと、容易には抑えることができません。特にペットを飼っている家庭では、ダニが発生しやすいのでこまめに掃除をしましょう。あとは湿気が室内に溜まらないように、雨漏り対策をしておく必要があります。雨漏りが発生している場合は、屋根や外壁などの原因箇所を修繕して雨漏りを止めてください。雨漏りを放置しておくと高温多湿になって畳が腐る原因になるので、畳のメンテナンスをしっかりと行ってもあまり意味がありません。カビが発生して困っている場合は、湿度が70%を超えた状態が続いている可能性大です。湿度が一時的に高くなる程度であれば問題ありませんが、高湿度の状態が続くと畳が傷んでしまいます。除湿機には調湿作用のあるものが多く、湿度を70度以下に抑えることができます。東京で畳張替え工事をしたあとは、畳の寿命を延ばすためにも夏場の湿度調整を特に入念に行ってください。
[関連情報:畳張替え 東京