ハウスビューティー

外壁塗装を横浜・川崎でお探しなら、外壁リフォーム施工実績17,000件の外壁のプロ、ハウスビューティーへお任せください。耐震性能を高める外壁タイル、金属サイディング、デザイン外壁リフォームや耐震リフォーム等お気軽にお問い合わせください。耐震診断は無料で実施しております。

外壁塗装の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

外壁塗装を請け負う横浜の業者によっては、費用がかかるばかりか、劣化速度も早まる可能性の高い素材の提案、技術者の技術不足なども少なからずあるため、選び方には気をつけましょう。今ボードの種類は3種類あり、金属系は裏に断熱材を入れている分だけ腐食しにくい丈夫なボードです。横浜の戸建ての主流となるのは、窯業系です。耐久性を高めるためにセメントに木片などを混ぜてあります。他に、天然木などを塗装した木質系は、木材の呼吸を遮らないよう炭処理されているようです。ボード自体の強度も向上しており、横浜の多くの業者で扱うサイディングは16mm厚で、防水に気密性を保つことが求められています。特徴的なのは、伸縮性のあるゴム状のシーリング材が充填される点、シーリング材・ガスケットの役割は、外壁内への水の侵入を防ぐこと、だから今の主流は通気工法といわれていますから、業者がどのような種類、工法を提案してくるのかにも注目してみましょう。通気工法は、壁面内部に通気層があり、湿気を外部に放出できる仕組みですが、直張りならば、湿気が溜まり、カビや腐食、さらには外壁塗料の浮きや接がれなどを起こしてしまう実例もあります。どうしてもサイディングボードは水からの劣化が進みやすい材質なので、業者が直張り工法を選ぶならば、一度検討し直すのが良い方法かもしれません。ですが、メンテナンスも必要ですし、そのメンテナンスをする際にも難が生じやすい工法がなされる可能性もあるので、実績は要でしょう。では何故にサイディングボードの外壁は人気なのでしょうか。デザイン性ではモルタル外壁みたいに自由度はそこそこなのに、無塗装板だけでなく、タイル柄や石柄、レンガ柄などの種類が豊富なのが人気を呼んでいるようです。また、現場施工とは違い、工場生産の強みである一定品質を備えていることも魅力のようです。もちろん、窯業系は現場施工となるケースがあるので、技術力もポイントになりそうです。塗装費に加えてシーリング費もかかるので、検討するにも入念な打ち合わせを行うことを第一段階とし、仕様を決めることが価格に見合った施工になります。
[関連情報:サイディング 横浜